気ままに ひるねこ

アクセスカウンタ

zoom RSS 魂の歌声

<<   作成日時 : 2010/11/17 23:11   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 5


*日々の出来事
秋に黄砂が降るなどという前代未聞の気象が3日続いたと思ったら、今度はロシアのほうから冷たい空気が入って来ました。
12月の気温だそうで、ここ3日ほどすごく寒くなりました。そして、今日は冷たい雨の一日になりました。

天気予報によると最低気温が7度ぐらいらしいので、まだ外の多肉植物もサボテンもチランジアもそんなに防寒もしていないのですが、この寒さで枯れるんじゃないかとちょっと不安です。
(サンセベリアと挿し木のホヤは家の中に取り込みましたが・・・)
去年より育てていたものは、鉢が大きくなって株分けで数が増えてしまったのが原因です。
何とか冬越しを考えなくてはいけません。


ところで先日、友達に誘われてゴスペルのコンサートに行ってきました。
クラシックのコンサートには過去に行った事があるのですが、ポピュラー系のコンサートは初めてでした。

ゴスペルの語源は、ゴッド・スペル(神様の言葉)だそうで、アフリカからつれてこられた黒人奴隷の人たちが辛い労働と虐待に耐えて集ったところが教会だったのだそうです。
が、それも教会の中には入れず外から賛美歌がもれ聞こえるのを聴いたりして、聖書の言葉をアフリカのリズムに乗せて歌ったのがゴスペルの元となっているそうです。
(教会がいくら心のよりどころになっていても、人間以下の扱いをされていたから外で聴く事しか出来なかったって、せつな過ぎる・・・)
現在では、琉球のメロディのゴスペルやハワイアンやフラメンコのゴスペルもあるそうです。

リーダーさんは男の方で、タケカワ ユキヒデみたいな暖かな雰囲気の方でした。
(工藤“D” 大輔さんとおっしゃるらしい)他女性ボーカル5名のグループです。
皆さんとても歌が上手で、合唱と違って一人一人歌に個性があって良かったです。
他にジャズピアニストの女性の方とパーカッションの背の高い男性の方(ほとんど手で叩いてありました)が来てくださっていました。

探してみたらMyspaceで曲が聴けるのが判ったので、興味がある方は聴いてみてください。
コンサートでも歌われた曲があって、すごく懐かしかったです。
(あ〜この歌声だって・・・心に沁みていたんですね)
「クリスマスは忙しいんですよ」とおっしゃっていましたが、本当にクリスマスの曲はいいですね。
クリスマスのコンサートにも行ってみたくなりました。
  • Afro橘 Gospel Singers Myspace



  • 葉っぱだより
    10月23日の記事で、キヅタの実と紹介したものが蕾だとわかりました
    きっかけはエフ・エムさんのブログにキヅタの花が紹介してありまして「実は見たことがあるのですが、花はまだ見たことがありません」とコメントを書いておいたところ「実がなるキヅタなら、今頃花が咲いているはずですよ。見に行って御覧なさい」との返事を頂いて、近いのにいつもは行かないその場所に行ってみたのです。
    すると実だとばかり思っていた丸い物が見事に花開いていてビックリしました!!
    でも、花は変なにおいがしていて、ヒラタアブの仲間が数匹飛んでいるばかりでした。

    実だと思っていたら蕾でした
    画像

    黄色い花と白っぽい花がありました
    最初、雌花と雄花があるのかな?と思っていたのですが、どうやら咲き始めが黄色くて(花粉が目立つ)受粉したのが白いのになるようです。(あくまでも、私の憶測ですが・・・)
    画像

    白っぽくなった花
    画像

    日当たりの加減か、蕾の周りが赤いのもありました
    画像

    同じ場所に、ノブドウの実らしきものも近くにあったので手に取って確かめたかったのですが、蔓がブチブチ切れて採れませんでした。
    (あの実の中に虫が入っていると言うノブドウと同じなのか、知りたかったのですが・・・)
    画像

    色が変わるノブドウの実は少し採集して来ましたので、もし虫がいたらまた載せたいと思います。
    (仕事が遅いので、まだ切って中を見ていません・・・空気が乾燥しているせいか、葉っぱは1日で枯れてカサカサになってしまいました) 



    Christmas Songs
    プライエイド
    2006-11-08
    廣島リマとAFRO橘Gospel singers

    amazon.co.jpで買う
    Amazonアソシエイト by Christmas Songs の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



    【形式:CD】Afro橘 Gospel Singers/TRADITIONAL GOSPEL(AFRO-12345)(発売日:2008/12/03)
    トレジャーボトル
    都内Black系イベント、ライブにて活躍している8人組のGospelユニット。昨年にはユニバーサルレ


    楽天市場 by 【形式:CD】Afro橘 Gospel Singers/TRADITIONAL GOSPEL(AFRO-12345)(発売日:2008/12/03) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



    OTTAVA(オッターヴァ) OTTAVA(オッターヴァ)ショッピング

    テーマ

    関連テーマ 一覧


    月別リンク

    ブログ気持玉

    クリックして気持ちを伝えよう!
    ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
    →ログインへ
    気持玉数 : 1
    なるほど(納得、参考になった、ヘー)

    コメント(5件)

    内 容 ニックネーム/日時
    ken/南関さん おはようございます
    いつも気持ち玉 ありがとうございます。

    ゴスペルって初めてでしたが、(映画「天使にラブソングを」で聴いたくらい)一緒に手拍子したり歌ったりしていたら、とても楽しかったです。

    ゴスペルを歌いたいとは思いませんが、(あんなに大きな声でないし…)合唱団の隅っこで歌ったりするのもいいだろうなぁ…と思いました。

    ken/南関さんも合唱団楽しいでしょうね。
    練習頑張ってください。
    まんじゅ猫
    2010/11/18 08:15
    ゴスペルのこと、興味深く読ませていただきました。黒人奴隷の魂の歌なのですね。機会があればそのつもりで聴いてみたいと思います。
    キヅタの花が咲いていたのですね。なんとなくうれしいです。この季節ですから、虫をよべるのかと思っていましたが、案外アブやチョウに人気があるらしいです。
    エフ・エム
    2010/11/18 09:14
    エフ・エムさん おはようございます

    エフ・エムさんに教えていただかなかったら、ず〜っとキヅタの小さな実だとばかり思っていたでしょう。
    この道は、月に1回病院に行く時に通るきりでしたから…

    それにしても、寒くて虫には辛い季節になってきたのでしょうね。
    こういう花で命をつないでいるのかもしれませんね。
    まんじゅ猫
    2010/11/18 09:56
    れのさんおひさです。黒人教会のゴスペル、歌詞の内容だけが違うだけでほとんどR&Bですからね。生で本物聴いてみたいなぁ。因みにアル・グリーンはプリーチャーとしての顔もあり、ゴスペルのレコードも出しています。お薦めはマイティ・クラウズ・オブ・ジョイという黒人グループ。ようつべに動画ないかな?
    ロック仙人TF
    2010/11/18 23:11
    ロック仙人TFさん おはようございます
    日本人のゴスペルは、本場の黒人の方のゴスペルに比べると、おだやかなのだそうです。

    先日、学校で習った「オールド・ブラック・ジョー」の歌詞を調べていましたが、あれは白人のフォスターが作っているのですが、労働が辛いから早く先に逝ったジョー爺さんのところに行きたい…という歌ですよね。
    その頃、教会では牧師さんが黒人の人に「天国に行ったらパイが食べられるよ」と言っていたそうです。
    「パイぐらい生きているうちに食べさせろ!!」と、頭にきました!

    差別はなくなったとか言ってますが、きっとオバマさんもいろいろ大変なんでしょうね。
    まんじゅ猫
    2010/11/19 09:18

    コメントする help

    ニックネーム
    URL(任意)
    本 文
       ↑クリック募金サイトにとびます。 企業名が並んでいますので、そこをクリックしてください。あなたの1クリックで企業がNPOに1円募金します。ご協力お願いします。
    魂の歌声 気ままに ひるねこ/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる